知的好奇心を刺激するファミリーライブラリー

ファミリーライブラリーのメリット

注文住宅で家を建てるのであれば、その間取りの中にファミリーライブラリーを組み込んでみてはいかがでしょうか。ファミリーライブラリーにはさまざまなメリットがあるからです。 まず、本をきれいに収納できます。本の置き場所に困っている蔵書数が多い人には特におすすめです。まとめて管理ができるようになるので、いざというときにも本を見つけやすくなります。ファミリーライブラリーは家族が集まる団らんの場としても便利です。小さい子どもがいる世帯なら、ファミリーライブラリーで絵本を読んであげるのもよいでしょう。本に接する機会が増えれば、知的好奇心が育まれます。また、リラックス空間としてもファミリーライブラリーは最適です。在宅ワークをしている方なら、書斎として利用するのもよいでしょう。

ファミリーライブラリーの設置場所

間取りにおいて、どこにファミリーライブラリーを設置すればよいのでしょうか。定番のパターンをいくつか紹介します。 リビングのすぐ近くにファミリーライブラリーを作る人はとても多いです。リビングと読書スペースをつなぐことで、リラックス空間をより広く利用できるようになります。また、2階のホール部分をファミリーライブラリーにした間取りも人気があります。最もファミリーライブラリーの設置場所で人気があるのは、屋根裏(小屋裏)です。高さや広さの関係から部屋としては使いづらいため、物置として使われやすい場所ですが、ファミリーライブラリーには最適です。スペースを無駄なく使えるでしょう。 なお、本には重量がかなりあります。あまり積みすぎると床板を傷めるかもしれません。設計段階で収納場所を決めておけば、床に補強材を付けることも可能です。安心して本を収納できるようになります。

分譲住宅は建売と似ていますが、他の土地番号にも建てられる住宅と同じ資材や建材等を使って建てられることが多いため、ただ一軒ごとに建てられて売られる建売住宅よりも、リーズナブルに購入できることがあります。