家事導線のよい間取りにして効率アップを狙う

家事動線のよい間取りにするメリットとは?

「家事動線」とは、家事を行う際に通る経路。朝食の準備をしながら洗濯や子供の世話もするなど、ファミリー世帯は複数の家事を同時に行うことも多いです。キッチンや洗濯洗面室、洗濯物干し場を一日に何度も往復している、という方もいらっしゃるでしょう。家事のためにかかる移動の時間が短い、無駄のない間取りを「家事動線のよい間取り」と言います。スムーズに移動できるようになるため、家事の効率アップやストレスの軽減につなげられるでしょう。 また、家事にかかる時間が減る分、子供と過ごす時間などを増やすことが出来るのもメリットの1つです。少しの距離や時間でも、毎日積み重ねていくと大きな差が生まれます。家事動線を意識し、少しでも家事による負担が緩和できるような間取りを目指しましょう。

家事動線のよい間取りにするためのポイントは?

家事動線のよい間取りにするためのポイントは、大きく分けて3つあります。1つ目は、家事を行う際に使う場所を近くに配置することです。キッチンやリビング、洗面室などが近いと、移動にかかる時間の短縮が実現できます。また、玄関の近くにキッチンを配置すると、購入した食材を運ぶ作業が楽になるでしょう。2つ目は、家事の作業手順です。キッチンの場合、食材を取り出して調理する、お皿に盛り付けてテーブルに運ぶ、といった一連の動作をイメージしてみてください。調理台の背面など、自身が使いやすいように冷蔵庫や収納棚を配置することが重要になります。

3つ目は、物を使う場所または家事動線上に収納スペースをつくることです。ベビーカーや外遊びに用いるおもちゃは、玄関に収納スペースを設けておくと、片付けやすくなります。

一戸建ては、ハウスメーカーや工務店が販売する分譲住宅から、自分でデザインを希望できる新築の注文住宅まで様々なものがあります。