LDにスタディコーナーを使って見守りを強化

間取りにスタディコーナーを取り入れよう

勉強や仕事をするための小スペースのことを指して、スタディーコーナーと呼びます。注文住宅で家を建てる際にはLD(リビング・ダイニング)にスタディコーナーを設置することをおすすめします。

スタディコーナーを設置しなくても「勉強には子ども部屋があれば大丈夫」と考える人が多いかもしれません。しかし、子ども部屋では親の目が行き届きません。また、子ども部屋はプライベートなエリアです。その場所に子どもが常にいるのでは、家族のコミュニケーションが取りにくくなるのではないでしょうか。スタディコーナーをLDのような、家族の誰もが気軽に立ち寄る場所に作っておけば、自然なコミュニケーションが取りやすくなるだけでなく、子どもへの見守り効果が高くなります。子ども自身も監視されているという意識を持つことなく勉強に励むことができます。

おすすめのスタディコーナー設置位置

LDのどこにスタディコーナーを配置すればよいのでしょうか。設計士に相談する際に、次のような設置場所を提案してみてはいかがでしょうか。

例えばキッチンの前はスタディコーナーにおすすめです。一般的にキッチンはテレビから少し離れた場所に設置されるからです。この位置なら、子どもは見守られた環境で勉強しながらも、テレビに気を取られることがありません。ダイニング後ろのスペースに作るのもおすすめです。ダイニングスペースはくつろぎやすい空間に作られています。その一角ならば、穏やかな気分で勉強に励めるのではないでしょうか。集中しやすいように目隠し効果を与えるオブジェを置いておくとさらに効果が増すかもしれません。

階段下のスペースもスタディコーナーに最適です。カウンターを設置すれば、集中しやすい空間になるだけでなく、デッドスペースが有効活用できます。