遊びの幅が広がる畳スペース

洋室にはない和室特有の魅力は

近年は家造りの際に和室を設けず、洋室だけにするケースが増えています。和室はメンテナンスが大変なことが大きな理由ですが、和室ゆえのメリットもあります。和室はベッドを置かずに畳スペースに布団を敷くため、部屋を広々と使えるのです。ベッドが置かれた洋室と比べて、和室はスペースに余裕が生まれるので、子供が遊ぶうえで好都合でしょう。 障害物が少なければ、走り回って身体をぶつけたり、つまずいて転倒したりするリスクが減ります。また畳スペースはい草特有のよい香りがあり、それが心身を落ち着けてくれます。畳スペースならそのまま横になれるので、ちょっとお昼寝をする状況でも最適です。畳スペースはフローリングにはないメリットを備えています。

畳マットで畳スペースを再現しよう

断熱性や調湿性が高く、子供が快適に過ごせるのが畳スペースのメリットです。部屋全体を遊びのスペースとして活用でき、例えば畳の上でゴロゴロと転がることもできます。これがフローリングであれば、冷たい床に直接寝転がることに抵抗を感じる人も多いでしょう。畳スペースは修繕をしやすいのも魅力で、子供が遊んで傷つけたり汚しても、一部を交換すれば良いだけなので楽々です。 ただ和室は洋室より設置コストが高くなることが多く、注文住宅を建てる段階で和室を設置しない選択をする人は少なくありません。畳スペースがほしいけどコストを抑えたいという場合は、畳マットを活用してみましょう。フローリングに置くだけで畳の質感を再現できます。畳マットを敷けば床がやわらかくなるので、子供が転倒したときに怪我をしにくくなります。